【保存版】ウェブサイト立ち上げ時に行う設定|GA/GTM/サチコ/クリック数

新規にウェブサイトを立ち上げるとき、初めての方であれば何をすればいいか分からず、何回か立ち上げている場合には、あとで抜けていたことに気づくものです。

今回は、データの取り忘れを防ぐために、一番最初に行う設定を紹介していきます。

【検討事項】


【計測環境の設定】

  • GTMを入れる
  • GAを登録する
  • GAをGTMと連携する
  • Search Consoleに登録する
  • Search Console でクロールでインデックス登録を行う
  • Search ConsoleとGAを紐付ける
  • アドセンスとGAを紐付ける
  • クリック数計測設定を行う
  • スクロール量測定の設定を行う(非インタラクションにチェック)
  • 自分のアクセスがアナリティクスに送信されないように設定する


【アクセス流入を増やす設定】


【収益化の設定】


※随時更新 (最終更新:2017/10/14)

Twitterやってます

【Xeory】WordPressでh2前に自動目次を挿入する

【1】toc.jsを作成

ファイル名:toc.js
ファイルの中身:

jQuery(function($) {
var idcount = 1;
var toc = '';
var currentlevel = 0;
jQuery("article h2,article h3", this).each(function() {
this.id = "toc-" + idcount;
idcount++;
var level = 0;
if (this.nodeName.toLowerCase() == "h2") {
level = 1;
} else if (this.nodeName.toLowerCase() == "h3") {
level = 2;
}
while (currentlevel < level) {
toc += "<ol>";
currentlevel++;
}
while (currentlevel > level) {
toc += "</ol>";
currentlevel--;
}
toc += '<li><a href="#' + this.id + '">' + jQuery(this).html() + "</a></li>\n";
});
while (currentlevel > 0) {
toc += "</ol>";
currentlevel--;
}
if (jQuery("article h2")[0]) {
jQuery("#toc").html('<div class="mokuji">CONTENTS</div>'+ toc);
}
});

引用元:jQueryを使いプラグインなしで目次をWordPressの記事に自動追加する | Plusers

【2】toc.jsをアップロード

場所:/wp-content/themes/xeory_base/lib/js/
アップロードファイル:toc.js


【3】functions.phpに記入

場所:/wp-content/themes/xeory_base/functions.php
下記を追記

// 自動目次
function read_toc_scripts(){
wp_enqueue_script( 'toc', get_template_directory_uri() .'/lib/js/toc.js', array('jquery') );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts' , 'read_toc_scripts' );

function toc_in($the_content) {
$toc = <<< EOF
<div id='toc'></div>
EOF;
if ( is_single() ) {
$h2 = '/^<h2.*?>.+?<\/h2>$/im';
if ( preg_match_all( $h2, $the_content, $h2s )) {
if ( $h2s[0] ) {
if ( $h2s[0][0] ) {
$the_content  = str_replace($h2s[0][0], $toc.$h2s[0][0], $the_content);
}
}
}
}
return $the_content;
}
add_filter('the_content','toc_in');

引用元:jQueryを使いプラグインなしで目次をWordPressの記事に自動追加する | Plusers

【4】jqeryを読み込むようにする

場所:/wp-content/themes/xeory_base/header.php
 (の前)

<?php wp_enqueue_script('jquery'); ?>;

【SpreadSheet】毎回計算式をコピーせずにすむ「ARRAYFORMULA」

f:id:cland741953:20171222135414p:plain


例えば、毎日登録数・承認数を入力する場合、日数が増える度に「承認率」の数式を横にコピー・ペーストしなくてはいけないが、その作業をゼロにできる

=ARRAYFORMULA(ARRAYFORMULA(B4:4)/ARRAYFORMULA(B3:3))

f:id:cland741953:20171222135418p:plain

【GAS】シートの特定列以降の列を削除し、シートを非表示にするスクリプト

function DeleteColumns() {
  i=1;
  try{
    while(1){
      var sheet = SpreadsheetApp.getActive().getSheetByName('sheet'+i);
      try{
        sheet.deleteColumns(3,20);
      }
      catch(e){
      }
      i++;
      sheet.hideSheet();
    }
  }
  catch(e){
  }
  
}

【SpreadSheet】Query関数でおかしい出力になる場合の解決方法

だいたいの原因:「数値」と「テキスト」が入り混じっている

対処法:ARRAYFORMULA(TO_TEXT())ですべてテキストに変換してから処理する

=QUERY(ARRAYFORMULA(TO_TEXT('シート1'!A:X)),"select Col1... where Col1...")

引用元:GoogleスプレッドシートのQuery関数で結果が空になる謎仕様と回避策 - Qiita

【SpreadSheet】配列名を順番に羅列する関数(A,B,C,…,AA,…,AAA,…)

f:id:cland741953:20171219160019p:plain

縦に羅列する場合
=REGEXREPLACE(ADDRESS(1,ROW()),"^\$(.*)\$.*","$1")

横に羅列する場合
=REGEXREPLACE(ADDRESS(1,COLUMN()),"^\$(.*)\$.*","$1")

【SpreadSheet】Query関数内で配列を結合する

配列を列に結合

QUERY({A,B})

配列を行に結合

QUERY({A;B})