読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事中に等間隔で複数広告を差し込むWordPressプラグイン「Ad Inserter」

nendやアドセンスを記事内に挿入したいけど、毎回記事に挿入していては大変。以前は「AdRotate」というWordPressプラグインで、ショートカットコードで差し込むなんてことをしていましたが、毎回記事にショートコードを入れなくてはいけませんでしたし、記事の移行時には、1記事ずつ消してあげなくてはいけませんでした。

今回紹介する「Ad Inserter」はかなり優秀なやつで、「記事全体の●●%目の段落に挿入」といったような挿入の仕方ができます。しかも記事ごとにショートコードを差し込む必要はなく、管理画面からボタン一つでできます。




完成図
f:id:cland741953:20170114043850j:plain:w100

Ad Inserter

ja.wordpress.org

上記のURLからAd Inseterをダウンロードして、WordPressの「プラグイン > 新規追加 > プラグインのアップロード」でアップロードし、インストール。その後プラグインを有効化します。

設定 > Ad Inserterから設定画面に入れます。

f:id:cland741953:20170114041531j:plain:h300

設定画面は次のようになっていて、簡単な英語ですが、日本語で概略を説明すると、次のような意味になります。

f:id:cland741953:20170114041107j:plain:w500



記事内に等間隔で広告を挿入する

f:id:cland741953:20170114041944j:plain:w500

コードを挿入部分に、記事途中で表示したい広告のコードを入れてください。

■Automatic Insertion > 「Before Paragraph」を選択

選択部分について簡単に説明すると次のような意味になります。

  • None:表示しない
  • Before Post:記事の直前
  • Before Content:記事の直前(postとの違いなんだろう?)
  • Before Paragraph:段落の前
  • After Paragraph:段落の後
  • After Content:記事の後
  • After Post:記事の後
  • Before Excerrpt:抜粋文の前
  • After Excerpt:抜粋文の後

今回使うのは「Before Paragraph」です。

■Paragraph Number > 「0.3」を記入

数値を記入することができます。数値のいれる範囲は0~1の値です。次のような意味になります。

  • 0:ランダムな段落で表示
  • 0~1:記事全体の段落個数の◯%目で表示

今回「0.3」を指定したので、大体記事全体の上から30%目の部分で表示されます。

■設定を保存

広告タグも挿入して、設定が完了したら、「Save All Settings」で保存を完了します。


複数の広告を設定する

上記の流れで、1つの広告挿入に成功しましたが、まだもう少し広告を挿入したい方は、タブの「2」を押して、同じように広告の設定をしましょう。

f:id:cland741953:20170114043808j:plain:w400

2つ芽も「0.3」では、同じところに2つ表示されてしまいますから、記事全体のバランスを考えて、「0.7」で設定するとよいでしょう。

複数の広告を記事に挿入した結果

f:id:cland741953:20170114043850j:plain:w100

こんな感じに、上から30%、70%の位置に広告を挿入することができました。

2つ以上も広告を挿入することが可能なので、効果検証をしながら収益アップに挑みましょう!

Twitterやってます