記事ページの無限スクロールサイト5つ|最近「記事ページの無限スクロール」サイトが増えてきている?

f:id:cland741953:20170305000111p:plain

「無限スクロール」というと、TOPページの一覧表示している記事を永遠と読み込み表示するサイトが多かったですが、ここ1,2年は「記事ページの無限スクロール」が増えてきているように思います。

無限表示させるコンテンツには2種類あります。

  • 「関連記事」の無限表示
  • 「記事」の無限表示

それぞれについてサイトと一緒に見ていきましょう。





「関連記事」の無限スクロール

記事ページでスクロールすると、関連記事が表示されるサイトは多くあります。その関連記事を無限に表示しているサイトがありました。

TABILABO

tabi-labo.com
TABI LABOはカテゴリによって関連記事を無限スクロールするかどうかを割り振っているようです。確認したところ、「恋愛」カテゴリの記事が無限スクロールできるようになっているようです。


記事の無限スクロール

スクロールしていくと、そのまま次の記事が表示されます。しかも、スクロールで表示している記事に応じてURLも変更しています。

U-NOTE

u-note.me

THE BRIDGE

thebridge.jp

WIRED

wired.jp


スクロールするとTOPを表示する

www.bloomberg.com

無限スクロールではないですが、最近のスクロール後のコンテンツとして面白い試みをしたのが、Bloombergでした。

「記事ページ無限スクロール」サイトの特徴

ストック型コンテンツよりは、フロー型コンテンツの多いサイトが、記事ページの無限スクロールを取り入れています。ストック型の場合は記事を読む読者の目的が明確なので、目的が達成されれば満足してページを閉じやすいです。一方フロー型コンテンツの場合、流入時がSNS等の流入で、記事タイトルが気になって流入した程度であり、暇つぶしの余裕があるので、無理やり表示されたコンテンツをそのまま読むことの方がおおそうですね。だから、ferretは少し異色なようにも思います。

ここ1,2年で記事ページの無限スクロールが増えてきているのは、やはりスマートフォンの存在が大きそうです。個人的に、スクロール自体に「楽しみ」や「何かやっているつもりになれる」という体験が隠れていると考えています。より指を動かすスマートフォンは、それらの体験が強くなりやすいので、スマートフォンでの閲覧の多い昨今、ユーザーに合わせて記事ページの無限スクロールが増えてきているんでしょうね。

他にも無限スクロールサイトがあれば教えてください!

#Twitterやってます