【WordPress】httpからhttpsに.htaccessを使ってリダイレクト

httpsが重要

httpとは

httpとはWebサーバとWebクライアント(ブラウザ等)用の通信プロトコルです。
httpの場合、Internet ExplorerGoogle Chrome等のWebクライアントを使用してWebサイトにアクセスします。閲覧したいページや画像、動画などをWebサーバに要求して、内容に応じてWebサーバがレスポンスを返します。レスポンスを受け取ったWebクライアントは画面上にページや画像、動画などを表示します。
引用元: httpsとは? | 基礎から学ぶSSL入門ガイド | CSP SSL

httpsとは

httpsSSLを利用したhttp通信です。SSLは、SSLとはで解説している通り、通信を暗号化するので、安全にWeb情報のやりとりを行うことができます。万が一通信経路から情報が抜き取られたとしても、暗号化されているので内容を判別することは困難です。
引用元: httpsとは? | 基礎から学ぶSSL入門ガイド | CSP SSL

SEOとしてのhttps

日本の検索シェアの大半がGoogleYahoo!に占められていることはご存知かと思います。
2014年のはじめ、世界最大級の検索エンジンGoogleは「HTTPS(暗号化通信) をランキングシグナルに使用します」と公式に発表しました。
簡単に言えば、「HTTPS(暗号化通信)かどうかがSEO(検索順位)の判断基準になりますよ」ということです。
引用元:今やるから他と差がつく! HTTPS(常時SSL)は最新のSEO対策 | 常時SSL Lab. by Zenlogicのファーストサーバ株式会社

WordPressで生成されている.htaccessにリダイレクトルールを追加

およそ、.htaccessでは下記のように書かれています。
RewriteBase / の次の行に入れましょう。

追加前

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

追加内容

RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

追加後

RewriteBase / のあとに入れましょう。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>